表紙をクリックすると裏表紙が現れます。
頁数の後には再録元を記載しました。
発表名義が異なる場合は、誌名の後の( )内に記載しました。
また、作品が改題された場合は、原題を[ ]内に記載しました。


別冊幻影城小酒井不木表紙 1978 Mar. No.16
別冊幻影城3月号小酒井不木疑問の黒枠

表紙デザイン/目次レイアウト=池田拓/表紙イラストレーション=山野辺進/本文イラストレーション=花輪和一・西岡保之・土橋ユキエ

第四巻第二号/定価1000円/昭和53年3月1日発行(隔月刊)/編集人=島崎博/発行人=滝井圀夫/印刷人=鈴木勲/印刷所=東京ベル印刷・真生印刷/発行所=幻影城


  創刊のことば 「別冊幻影城」編集部 1    
疑問の黒枠 プロローグ 小酒井不木 13 新青年 1927年(昭2)1月号-
8月号
第一章 死亡広告 18
第二章 恋人同士 22
第三章 模擬葬式 26
第四章 病める夫人 31
第五章 刑事の出張 37
第六章 教室の事変 44
第七章 死因の説明 47
第八章 脅迫状 53
第九章 遺言状 57
第十章 死亡広告主 65
第十一章 死体の行方 71
第十二章 家宅捜索 76
第十三章 追跡 81
第十四章 二通の手紙 86
第十五章 意外な発見 92
第十六章 教室の怪 96
第十七章 電話 103
第十八章 絶体絶命 108
第十九章 邂逅 113
第二十章 対面 117
第二十一章 臨終 125
第二十二章 訊問 128
第二十三章 真犯人 134
エピローグ 137
小酒井不木・
人と作品と資料
         
小酒井不木私観 父不木の思い出 (小酒井不木私観) 小酒井望 296    
耽綺社の指導者 (小酒井不木私観) 長谷川伸 300 サンデー毎日 1929年(昭4)4月14日号
徹底個人主義 (小酒井不木私観) 土師清二 301 サンデー毎日 1929年(昭4)4月14日号
思い出の断片 (小酒井不木私観) 横溝正史 303 新青年 1929年(昭4)6月号
梅田ホテルでの話 (小酒井不木私観) 渡辺均 304 サンデー毎日 1929年(昭4)4月14日号
小酒井不木氏の思い出
(小酒井不木私観)
国枝史郎 306 サンデー毎日 1929年(昭4)4月14日号
小酒井氏の思い出 (小酒井不木私観) 森下雨村 310 新青年 1929年(昭4)6月号
肱掛椅子の凭り心地 (小酒井不木私観) 江戸川乱歩 313 新青年 1929年(昭4)6月号
作家としての小酒井博士
(小酒井不木私観)
平林初之輔 317 新青年 1929年(昭4)6月号
小酒井氏と江戸文学 (小酒井不木私観) 尾崎久彌 319 新青年 1929年(昭4)6月号
先生の余技 (小酒井不木私観) 岡戸武平 321 新青年 1929年(昭4)6月号
吾等の一大損失 (小酒井不木私観) 甲賀三郎 322 新青年 1929年(昭4)6月号
小酒井不木論 科学とメスとブラック・ユーモア
(小酒井不木論)
津井手郁輝 324    
資料・
小酒井不木書誌
作品目録 島崎博・編 334    
著書目録 島崎博・編 336    
アルバム 探偵文壇の重鎮・小酒井不木
(探偵作家アルバム(16))
  5    
傑作短篇集 呪われの家 小酒井不木 141 女性 1925年(大14)4月号
三つの痣 小酒井不木 160 大衆文芸 1926年(大15)2月号
人工心臓 小酒井不木 170 大衆文芸 1926年(大15)1月号
直接証拠 小酒井不木 188 大衆文芸 1926年(大15)4月号
稀有の犯罪 小酒井不木 198 週刊朝日 1927年(昭2)1月特別号
恋愛曲線 小酒井不木 208 新青年 1926年(大15)1月号
新案探偵法 小酒井不木 218 大衆文芸 1926年(大15)10月号
汽車の切符 小酒井不木 228 現代 1926年(大15)10月号
三つの証拠 小酒井不木 238 講談倶楽部 1926年(大15)5月号
好色破邪顕正 小酒井不木 246 現代 1928年(昭3)6月号-
8月号
闘争 小酒井不木 266 新青年 1929年(昭4)5月号
愚人の毒 小酒井不木 282 改造 1926年(大15)9月号
  編集後記 T 332    

表紙へ戻る